ボレーで強打の怖さを克服する2つの方法を解説するぞ【硬式テニス】

こんにちは!てにさるです。

テニスをやっていてボレーをするタイミングは多いと思います。特にダブルスをメインにやっている方は必須ショットです。

僕も高校卒業まではひたすらダブルスをやっていたんですけど、前衛アタックはどうしてもビビリがちになっちゃいますよね~。

 

ということで、僕が前衛の恐怖を克服できた2つの方法をざっと紹介していきます!

前衛アタックとはなんぞや?

前衛アタック」っていう言葉がそもそも一般的な言葉かわからないので簡単に説明します。

前衛アタックっていうのはストロークで相手の前衛正面を目掛けて思い切り強打をぶち込むことです。そのショットがコートに入る入らないは問題ではなく、とにかく相手に触れさせてミスを誘うのが狙いのショットです。

あからさまに顔面を狙ってくる人もいます。

 

ボレーヤーからしたらおっそろしいんですよ。これが。

ストロークがうまい人は強打しつつしっかり入れてくるので避けるわけにもいかず、なおかつ体を狙われているので恐怖も相まって返しづらいものです。

僕はこのようなストロークでポイントを取りに来る人を「前衛キラー」って呼んでます。たしかテニスの王子様っていう漫画でもいたはず。

あまり好まれる戦い方ではないですが、勝つためには前衛アタックも時には必要。あなたもやろうと思えば打てるくらいにはしておきましょう。

前衛アタックにビビらない2つの方法

では本題に入ってこのアタックをビシッとカウンターで返せるコツをお話していきましょう。

ボレー全般の基本にもなるので是非覚えておいてください。

1.ラケットはネットより上で構える

ネットに詰めている際には当然のことですが、相手の殺気を感じたらしっかりラケットを高めに構える意識を持ちましょう。

ボレーの場合は相手のボールがネットより下から飛んでくることは絶対にありえないので、ネットよりも上にラケットをセットしてください。

ちゃんとこれができていればラケットに当てるだけで返せますので、とにかくビビッて力が入らないようにリラックスすることが大切です。相手は強打をしてくるので、ラケットにボールを当てることだけに重点を置いてください。

当てれば反発の力でそこそこ強いボールで返せますので。

 

また、ボレーでは正面のボールはバックハンドで返すことを意識しましょう。

素振りでも良いので正面のボールをボレーする形をとってみてください。確実にバックの方がラケットを出しやすいはずです。もしフォアの方が返しやすいと感じたならボレーでのグリップの握りを間違えている可能性が高いので、もう一度握り方を見直してみてください。

2.目の位置を下げる

2つ目の方法は、目の位置を下げることです。

目線を下げて下を向くことではありませんので誤解をしないように。笑

 

どういうことを言っているかと言うと、目線はまっすぐで文字通り目の位置を下げます。最初は極端にネットの白帯の上30cmくらいまで下げても良いです。絵で描くとこんなイメージですね。

なんでこういうことをするのかってことですが、実はできるだけ目線をボールの軌道直線上に近づけた方がボールが遅く見えるからなのです。

 

もちろん実際にボールが遅くなるわけないのですが、真っ直ぐ向かってくるものには視点を合わせやすいんです。

例えばテニスの試合の場合、コートサイドで観戦していると鬼のように速く見えるサーブでも、自分が実際にリターンする位置に立つと思っていたより速く感じないことがあります。これは単にボールに視点を合わせやすくなったからなんです。

コートサイドで見ていた場合は目線とボールの軌道がほぼ直角なので、視点を合わせづらく速く見えてしまうのです。

この現象をさらに応用したのが今回の方法です。

まとめ

テニスで前衛アタックにビビらないコツを紹介してきました。

とは言え最初はこれを実践しても恐怖心が先走ってしまうと思うので、条件反射で怖さを感じる人はそれなりの練習時間が必要です。今日紹介した2つの方法を実践しつつ、パートナーにストローク役をやってもらい返す練習をしていきましょう。

僕はこの2つを意識し始めてから臆せずボレーに出ていけるようになったので、効果はあるはずです!

【テニス】初心者が試合に勝つ確率をグッと上げるたった1つの方法

2017.03.12

スマッシュのミスを激減させる3つのコツ【硬式テニス】

2017.03.07
Sponsored Link