テニスの基本となる2種類のグリップ+αの握り方を解説!

こんにちは!てにさるです。

今日は基礎中の基礎、グリップの握り方について解説していきますよ!

好きにラケット握ればいいじゃんと思うかもしれませんがそんなに単純ではなく、基本となる握り方をしないとストロークやサーブの威力が激減してしまいます。

握り方を変えると最初は打ちにくいかと思いますが、このタイミングでしっかりした握り方を覚えて練習していきましょう!

テニスにおける主なグリップの握り方

ここでは絶対に覚えてほしい2種類の握り方とオマケで1種類の握り方を紹介していきます。

 

ウェスタングリップ

ストロークを打っていく上ではこの「ウェスタングリップ」を使用します。

この握り方をして真後ろから見るとこんな感じになります。ラケットに対する手の角度など参考にしてみてください。

 

握り方を簡単に説明すると、

①地面に置く

 

②真上から自然に拾う

 

③できたね!

 

こんなにも簡単です。これを基準として、あとは打ちながらあなた次第に角度を調整していきましょう!

コンチネンタルグリップ

主にサーブ、ボレーの時には「コンチネンタルグリップ」を使用します。

とくにサーブに関して初心者の方はウェスタングリップで打ちがちなので注意。サーブはコンチネンタルなんだと深く胸に刻みましょう。

握ってみるとこんな感じ。

よく「包丁と同じ持ち方」と比喩されます。

 

ラケットを握って目線までの高さに持ち上げた時にフレームのみが見えれば正しい持ち方ができています。

 

ボレーもこの持ち方ですね。ソフトテニスの場合はウェスタングリップに似た持ち方でボレーもサーブもストロークもするのですが、硬式テニスではちょこまかと変える必要があるので早めに慣れていきましょう。

  • ストローク:ウェスタングリップ
  • サーブ:コンチネンタルグリップ
  • ボレー:コンチネンタルグリップ

基本この関係性になります。

 

おまけ;イースタングリップ

最後におまけで「イースタングリップ」を紹介します。

昔はこれも基本の握りとして紹介されていたのですが、時代の変わりと共にスピードに対応しにくいグリップとなってしまいました。

握ってみるとこんな感じ。

 

ラケットのフレームを垂直にして寝かせ、そのまま握手するように握ります。

 

角度はウェスタンとコンチネンタルの間になりますね。

イースタングリップはストロークに用いられます。ウェスタングリップと比較して打ってみて、打ちやすいほうを使っていきましょう。

勝手なイメージですが、イースタングリップは結構歳のとったおっちゃんが使っている感じ。おっと失礼。

大半はやはりウェスタングリップの時代になっていますね。

 

まとめ

テニスラケットのメインとなる握り方2つとおまけで1つを紹介してきましたが、握り方は覚えたでしょうか?

ストロークはウェスタン、サーブボレーはコンチネンタルですよ!

 

とくにサーブをウェスタンで打つことに慣れてしまうと今後ほぼ100%後悔しますので必ずコンチネンタルで打てるようになっておきましょう。ウェスタンじゃスピードも回転力も全然出せないんです。

 

ストロークではおまけで紹介したイースタングリップもちょっと試してみてください。

なかにはこっちの方が打てるという人は必ずいると思いますので。

 

ストローク、サーブの詳しい打ち方はこちらの記事も参考にどうぞ。

ストロークを超安定させる3つの練習方法を紹介!【硬式テニス】

2017.03.05

サーブの3球種の打ち方や違いを詳しく解説します【硬式テニス】

2017.03.04
Sponsored Link