【テニス】初心者が試合に勝つ確率をグッと上げるたった1つの方法

こんにちは!てにさるっす。

今日は初心者の方でも試合に勝てるようになる第一歩をお話していこうと思います。

 

テニスを始めたばっかりで試合に勝てない日々が続くとモチベーションも下がってきてしまいますからね。そんなのもったいない!

ってなわけで勝率をグッと上げる1つの方法を紹介します。

ただし、かっこよく勝てる方法ではありません。泥臭く「勝ち」にこだわる戦法ですのでそれでも勝ちたいんだという方は読み進めてくれたら嬉しいです!

試合での勝率を上げる戦い方

テニスってプロの試合を見ているとかっこよくハードヒットしてエースをバンバン決めて憧れますよね。

でも、初心者のうちからあのような試合展開はできません。プロはミスをしないことが前提となっているのであそこまでカッコイイ試合ができるのです。

テニスを始めて1年目くらいまではハッキリ言って「ミスをしない方が勝つ世界」です。もちろん初心者同士の試合の場合です。

そこでオススメしたい戦法は、ひたすらロブを上げまくる戦い方です。

 

え、ダサいじゃん。と思うかもしれませんが、これが結構強い。

もうちょっと細かく説明しますね

ロブを活用して勝利を奪え!

まず、「おれはまだ初心者だ」と意識している状態のときは試合をする際バシッとエースを取るイメージを崩しましょう。試合は勝ってこそ楽しいのです。

本来ロブと言うのはフワッと上空に打ち上げ、相手の前衛の頭の上を抜いたり、コート外に追い出された時の時間稼ぎに使うんですが、ここでの使い方はほぼ常にロブを打っていきます。

 

ロブって実は深く入れられると非常に返球しにくいショットです。

ロブ自体にスピードは無いので速球で返すことも難しく、さらにコートのかなり後ろで打たされるので強打もしにくい。

あなたもロブを打たれて「返しづらいな~」と感じたことはあるのではないでしょうか?

 

ただしロブを使って勝ちに行くには深く入れることが条件です。サービスラインよりも前に落ちてしまっては単なるチャンスボールになってしまうので、普段の練習からロブを深く入れる練習も積んでおきましょう。

この辺に入れ続けられると最高ですね。

 

おそらく相手も初心者ならロブに対抗する練習をみっちりやっている可能性は低いです。

普通のストローク戦では強かった相手もロブの対処は下手な場合も多いです。

そうなると相手もゆるい球で返してくると思うのですが、相手はロブ合戦になることなんて想定して練習をしていないので浅い返球になりがち。

  1. 深いロブでとにかくラリー
  2. 浅い返球を待つ
  3. チャンスが来たら決める

こんな流れを作れれば勝てます。

ラリー中はコースを意識せずに、とにかく深くを意識してみてくださいね。

 

余談ですが、僕がまだ中学生の頃にひたすらこの戦い方をする先輩がいて、尚且つ勝率がかなり高いので他校にまで名前が知れ渡っている人がいました。笑

もちろん何年もその戦法を使っていたわけでは無いですが、テニスを始めて1年前後の間にミスをしないでひたすら繋げて勝つことを覚えておくと必ず今後の自信になります。

そんなダサい試合はしないよって思わないで、是非ともロブは練習しておいてください。

ダブルスでのロブ活用法

上で書いたことはシングルスを意識していたのですが、実はロブはダブルスでもかなりの武器になります。

ダブルスでは後衛同士のラリーの時に相手前衛の後ろにロブを落としまくりましょう。後衛を走らせるのです。

後衛がポジションを変えれば前衛もカバーするために動かざるを得ないので、一気に2人の体力を削ることもできちゃいます。

相手の後衛がロブ対処の練習を怠っていた場合にはシングルスよりもアッサリと勝てます。味方の前衛にチャンスボールがポンポン上がってくるようになるからです。

味方の決定力次第になるところもありますが。笑

 

ダブルスの場合も試合のレベルが上がるほどに通用しなくなる戦いかたですが、これを軸に持っていると自信が付きます。

僕はダブルスばっかりやってた人間ですが、ロブで相手を走らせる戦い方を軸にいろいろやってたら顧問の先生に「お前はダブルスのスペシャリストだな」って言われました。笑

全国大会でも1勝だけできたのでそこそこ通用すると思っています。

まとめ

テニスの試合に勝つ方法として「ロブ」も魅力を語ってきました。

主に初心者の方向けの記事になっていると思いますが、上級者でもロブを正確に打てるか打てないかの差は大きくなります。早いうちからみっちり練習しておきましょう。

 

だんだんとミスすることも無くなってきますので、そしたらプロのようなエースを狙う戦い方も意識していきましょうね!

速いサーブの打ち方をこの練習法でマスターしよう!【硬式テニス】

2017.09.05

【テニス】急にミスを連発してしまう原因とその対策法

2017.09.01
Sponsored Link