フォアハンドを超安定させる3つのコツを解説【硬式テニス】

こんにちは!てにさるです。

テニスにおいて一番多用するショットはストロークですよね。当然サーブも大事だし、ボレーも大事なんだけどストロークを重点的に練習する人は多いと思います。

サーブが打ててもその後の組み立てだったり、ボレーへのアプローチだったりに必ずストロークは必要だからです。

 

でも結構そのストロークを苦手としている人は多いものです。

強打が打てない、安定しない、など悩みは様々だと思いますが、まずは安定させることが第一。

そこでこの記事ではフォアハンドに重点を置いて、極力少ない練習量で安定させるコツをお話していきます。

フォアハンドを安定させる為の3つのポイント

それではフォアハンドを安定させるポイントを書いていきますね。バックハンドにも応用できるのでぜひ練習で意識してみてください!

1.極限まで目線を残す

まず一番簡単にできることは「打点に目線を残す」ことです。打点をしっかり見るということは一見当たり前に思えますが、意外とできていない人は多いです。

プロでもスローモーションで見ると打つ前に目線が離れていますが、彼らは世界のトップだからことあれでも安定しているのです。

 

今回お伝えしたいことは、打った後まで目線を残す意識をもってくださいということ。

打つまで打点を見ることは理解できると思うのですが、打った後まで見る意識をしないと打つ直前には既に目線が外れ打点が狂ってしまいがちなのです。

これをトッププロでありながらしっかりと実践しているのがロジャー・フェデラーです。この動画を見てみてください。

おっそろしいほどに目線を打点に残してることが分かると思います。

このように目線を残し続けることでしっかりスイートスポットでボールをとらえることは勿論、頭がぶれずに一連の動作を終えることができるので体が安定して結果的にボールにパワーを伝えることができるのです。

これを意識して打ってみると安定するだけでなく力強いショットが打てることが実感できるはずです。特別な練習なくすぐに実践できる方法ですのでぜひ試してみてください。

2.体の開きを左腕でブロック

こちらも先ほどの動画を見て頂ければわかりやすいと思います。

ストロークの動作の途中から左腕を体に引き寄せていますよね。実はこうすることによって体が左側に開いてしまうのを防いでいるのです。ここで体が開いてしまうと体の軸がブレてしまうだけでなく、スイングスピードも加速しきることが無くなってしまいます。

途中でしっかりブロックして肩から先のスイングスピードをグンと上げています。

 

分かりやすく絵で描くと、こんな感じの振り子が途中で紐をブロックされると玉は加速されますよね?そんな原理でスイングスピードが加速できるわけです。

もちろんスイングスピードが上がればしっかりと回転もかかるので安定に繋がっていきます。

3.軸を垂直に保つ

3つ目のコツとしては「軸を垂直に保つ」ということです。

どういうことかと言うと、上半身と地面の角度はなるべく常に90度であるようにしましょうということです。こちらも絵でご説明しましょう。

この絵でわかるように、左側の棒人間くんが正しい軸の取り方です。上半身は地面をと垂直ですね。

一方右側の棒人間くんは膝を曲げることをサボっているので上半身がお辞儀しています。これではダメ。

主に低いボールを処理する場合に右のように腰が折れてしまうこととが多いのですが、このような場合は腰を折って打つのではなくて膝を曲げて身体全体を低くして打ちましょう。そうすることで安定した力のあるボールを低い打点からでも打つことができます。

 

下半身の筋力が足りていないとどうしても足が棒立ちになってしまうので、足のトレーニングも頻繁に行うと良いですね!

バックハンドでも基本的には同じことをすれば安定してきます。こちらも参考にしてください。

>>バックハンドストロークを超安定させるコツを解説

まとめ

硬式テニスのフォアハンドを安定させる方法をお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

  1. 目線を残す
  2. 身体の開きをブロック
  3. 身体の軸を垂直に保つ

この3つでしたね。

全部一気に練習しようとすると余計にわかんなくなりがちなので1つずつ実践していきましょう。僕の場合は「目線を残す」を意識するだけでかなり安定するようになるのでまずは目線から意識してみることをオススメします。

意識するだけなので今日からすぐに実践できますよ!

Sponsored Link