スピンサーブの打ち方を基本から徹底解説!【硬式テニス】

こんにちは!てにさるです。

テニスでは大きく分けて3種類のサーブがありますね。

  • フラットサーブ
  • スライスサーブ
  • スピンサーブ

この3つです。

 

中でもスピンサーブはセカンドサーブとして優秀で、必ず打てるようになっておきたいところ。

しかし!スピンサーブって3つのサーブの中で最も難しいんですよね。

ということで!

この記事ではスピンサーブの打ち方を基本から解説していきます。ぜひ参考にして今日から練習してみてください!

スピンサーブの打ち方

ではさっそく本題に入っていきましょう!

縦回転をかけるための打点

おそらく初心者の方にはどうやってサーブで縦回転をかけるのかわからないという人もいると思います。

縦の回転を与えるためにはボールを下から上にこすり上げる必要があるのですが、ちょっとだけ難しい打ち方をします。

 

結論から言うと、頭上~背中よりも後ろで打点を迎えます。

スイングの途中、ラケットヘッドが最高点に達する前にインパクトを迎えます。

こちらの動画が詳しくてわかりやすいですね。

 

後ろから前に打つ意識よりも、下から上に打つイメージを持ちましょう。

このような角度でラケットがボールに当たればOK!

 

横向きを維持しよう!

フラットサーブ、スライスサーブの場合はトスを上げてから体を正面にひねる力を使って打ちますよね。

しかしスピンサーブでこれをやってしまうのはNG。

なぜかと言うと、前に飛ばす力が加わりすぎてしまい縦回転の量がガクッと減ってしまうからです。スピンサーブ大げさに言えば回転を与えることだけを考えれば良いです。

上手くなってくればスピードも乗せつつ回転量も増やせるので、最初のうちは回転のかけ方をしっかり身に付ける方が大切。

 

ではどうやるのかというと、身体はコートに対して横向きを維持したままサーブを打ち切ります。

 

サーブを打つ時ってコートに対して斜めに立ちますよね?

その向きをキープ!

下半身、腹筋、背筋を使って下から上に力を加えます。

スイングを始めたら左手(右利き)をグッと胸まで引き寄せると体の開きを抑えることができます。横向きのキープはスピンサーブを打つうえで非常に大切になるので必ず覚えておいてください。

スピンサーブ練習法

スピンサーブを打つためには横向きのキープが大切と言いましたが、この感覚を身に付ける練習法があります。

それは、コートに膝をついてサーブを打つことです。

サーブを打つ立ち位置で膝立ちし、サービスボックスに入れるように打ちましょう。

 

下半身の回転を強制的に防ぎ、かつスピンサーブ特有の山なりの軌道をイメージしやすい練習法です。もちろん縦回転をかけることも意識してくださいね。

曲がる!キレのあるスライスサーブを打つ為のたった一つのコツ

2017.03.01

スピンサーブには腹筋と背筋が必要

ここまでスピンサーブの打ち方をお話してきましたが、実は横向きを維持して下から上に強烈に振り上げるのは簡単ではありません。

もちろんテクニックがどうとかの問題もあるのですが、筋力の問題もあるからです。

 

ボールを背中の方で捕らえるために身体を逸らせる背筋力、そこから上に上半身を振り上げる腹筋力などフィジカル面での強化も必須になります。

なので意識的に筋トレをして体を鍛えることも忘れないようにしましょう。

単にスピンサーブの練習を繰り返すだけでももちろん最低限の筋力はついて打てるようになるのですが、それ以上の回転量やスピードを求めるためにはトレーニングは欠かせません。

 

筋トレして損することはなにも無いので時間を見つけて積極的に取り組みましょう!

まとめ

スピンサーブの打ち方と練習法を解説してきました。

打点を意識することと、横向きキープは最低限覚えていってくださいね!

 

そして時間があれば膝をついて打つ練習法や筋肉トレーニングもぜひ実践していきましょう。

では!

テニスの基本となる2種類のグリップ+αの握り方を解説!

2017.03.11

サーブの3球種の打ち方や違いを詳しく解説します【硬式テニス】

2017.03.04
Sponsored Link