オールコート用やオムニ・クレーコート用。テニスシューズはどれを買う?

こんにちは!てにさるです。

テニスを始めてみると気づくことなのですが、スポーツショップに行くと複数の種類のテニスシューズがあるんですよね。

大まかに分けると、

  • オールコート用
  • オムニ・クレーコート用
  • カーペットコート用

カーペットコート用はあまり無いかもしれませんが、このような種類があるはずです。

名前の通り、コートの種類によって履き分けが必要になります。

でもいったいどれを買えばいいのか?

きっと迷ってしまうことと思います。

 

この記事ではテニスシューズの選び方と、その使い分けについて解説していきますね!

テニスシューズの種類

まずはテニスシューズの種類と特徴を見ていきます。

オールコート用

その名の通り全てのコートに対応しているシューズ。

靴底はこんな模様をしています。

どれを買えば良いのか全然わからない場合はこれを買っておけばとりあえずOKです。

また、コンクリートで作られたコート(ハードコート)でプレイする場合もこのオールコート用を履くことになりますね。

>>オールコート用シューズ一覧

 

オムニ・クレーコート用

人口芝で作られたオムニコート、また土で作られたクレーコート用のシューズ。

靴底はこんな模様になっています。

日本ではオムニコートとクレーコートが主要となっていて数が多いので、使うコートの割合もこれらが多くなると思われます。

>>オムニ・クレーコート用シューズ一覧

 

カーペットコート用

これはカーペットコートで用いられるシューズ。

靴底は突起が無く平坦。

ですが、カーペットコート用のシューズはめったに店で見ることはなく、カーペットコートも非常にレアなコートなのであまり購入の視野に入れる必要はありません。

もしかしたら高級なテニススクールに入る場合とかだとカーペットコートを利用することになるかもしれないので、心配な方はコーチにコートの種類を確認しておくと安心です。

>>カーペットコート用シューズ一覧

 

テニスシューズの選び方

結局どれを買えばいいの?というお話ですよね。

それはあなたが普段どんなコートでテニスをするかに寄ってしまうんですが、本当の初心者でテニスシューズを買うのが初めてだという方であればオールコート用のものを買っておきましょう。

というのも、テニスは大会の度にコートの場所が変わりもちろんコートの種類も変わってきます。

なので万能なオールコート用を準備してくのがオススメ。

 

ですが、オールコート用のシューズは少し裏がすり減ってくるとオムニコートやクレーコートでのパフォーマンスが著しく下がります。めちゃくちゃ滑るようになってしまうのです。

特に大会は人工芝に砂が敷かれたオムニコートで行われる割合が多く、オムニコートは滑りやすい特徴があります。それもオムニコートの中でも砂の割合が多い場所と少ない場所で滑り方が大きく変わるので、常に最高のパフォーマンスを出したいというくらいにテニスで本気になるならばオムニ・クレーコート用も必須です。

 

オールコート用、オムニ・クレーコート用の2足持ちをしよう!

テニスを本気で始めるなら、オールコート用とオムニ・クレーコート用の2足を買っておくのが鉄板となります。

先ほどもお話しましたがテニスの大会は毎回コートの場所が違うので、いつどのコートでプレイすることになるのかが分からないのです。ですのでどんなコートでもベストを尽くせるように、2種類のシューズを買っておくことをお勧めします。

  • ハードコート(コンクリート):オールコート用のシューズ
  • オムニコート(人工芝+砂):オムニ・クレーコート用のシューズ
  • クレーコート(土):オムニ・クレーコート用のシューズ

いつでもこのように履き分けられる状態が理想です。

 

ですがテニスシューズも安くはないので、本気で大会に出場したりしない限りオールコート用1足でも問題はありません。どれだけテニスにのめり込むかで判断して、本気でやりたくなったら2足目(オムニ・クレーコート用)も買うと良いでしょう。

まとめ

テニスシューズの選び方にについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

  • テニス初心者:オールコート用
  • 大会にどんどん出場する人:オールコート用+オムニ・クレーコート用

このような認識をもっていただければOKです。

ぜひ購入の際の参考にしていただけたら嬉しいです!

 

その他、テニスに必要な道具についても解説していますのでこちらもチェックしてみてくださいね。

テニスコート3種類の違いと特徴を知っておこう

2017.08.01

テニスラケットの選び方とオススメを紹介するよ!【硬式テニス】

2017.03.11
Sponsored Link