【テニス】サーブが入らない時に試したい3つの修正方法

こんにちは!てにさるです。

テニスをやっているあなたであれば1度や2度は「今日サーブが入らない!」と感じることがあると思います。

いつもはもっと入るのに、それ以上に入らない・・

こうなってしまうとその場で直すのは難しいのですが、僕が長年テニスをやってきた中でその場で意識するだけでサーブの確率を大きく高めることができる方法があります。

今日はそのことについてお話していきますね!

サーブが入らない時の3つの修正方法

僕が実践しているその場サーブ修正法は主に3つあります。

一つずつ見ていきましょう。

1.打点を高くする

テニスのサーブと言うのは上から下に打つショットです。

しかもサービスラインよりも手前にボールを落とさなければならず、かつネットを越える必要がありますよね。つまり高い位置から打った方が物理的に考えて入る確率は上がるのです。

どういうことかと言うと、こういうこと。

まあ、本来はこんな直線的な単純な理論ではないのですが分かりやすく言うと図の通りです。打点が低いと遠くにサービスボックス内に収めることが難しくなるのです。

そんなの分かってるよ!と思うかもしれませんが、サーブが入らない時って身体が委縮して無意識に打点が下がっていることが多いです。

意識して「高い打点で打ってみよう」と思うだけでその差を感じられるはず。

ただ、スピンサーブに関しては高い打点で打てないのでこの限りではありませんが。

 

フラットサーブとスライスサーブを良く打つ方はぜひ打点を意識して高い位置で打ってみてください。

2.最後まで振り切る

サーブが入らない要因の一つとして回転が足りないというものがあります。

スライスサーブやスピンサーブが入らない場合はこの原因を疑ってみましょう。

特に試合ともなると緊張してスイングが縮こまってしまいがち。こうなるとボールにしっかりを力が加わらずに中途半端な回転になってしまいます。

最近はラケットの性能が日に日に進化していて、反発力が格段に上がっています。

なので回転が足りないとただ飛ぶだけでコートに落ちてくれない、というわけです。

 

サーブを入れようと思ったら決してスイングスピードで調節しようとしないこと。

スイングはしっかりと行い、打ち方と回転量で入れる攻めるサーブと入れるサーブを分けましょう!

3.ガットやボールを見る(集中力を戻す)

ちょっと精神論になってしまいますが、サーブを打つ前にボールやガットを目視するというのも良い方法です。

何故かと言うと、これは集中力の回復に繋がるからです。

一点を集中して見続けることで自然と集中力を取り戻しやすくなります。

 

また、色としても黄色や青というのは集中力や発想力を高める効果があると言われていて、ボールやガットの黄色はプラスの影響を与えてくれるとうわけです。

グリップの色やラケットの色に青を加えておくとさらに良いかもしれませんね。

ただこれには個人差がありますので完全にこの方法に頼り切らないように。

まとめ

硬式テニスでサーブが入らない時の修正方法を3つ紹介しました。

  1. 打点を高くする
  2. 最後まで振り切る
  3. ボールやガットを目視して集中力を高める

この3つでしたね!

テニスは思っている以上に精神的な環境がプレイに影響を及ぼしますので、緊張している際にもこれらを意識してみてください。体の委縮がとれ本来の動きを取り戻せるはずです。

ではでは、今後もテニスを楽しんでいきましょう!

速いサーブの打ち方をこの練習法でマスターしよう!【硬式テニス】

2017.09.05

曲がる!キレのあるスライスサーブを打つ為のたった一つのコツ

2017.03.01
Sponsored Link