テニスのルールと専門用語の意味を詳しく解説!

こんにちは!てにさるです。

テニスって意外とルールがややこしくて色々専門用語もあったりして難しいですよね。実際にテニスをやっている方ならもちろんルールも用語の意味も分かると思うのですが、テレビなどで観戦するだけだと解説者の言ってることがわからなかったりすると思います。

そこで今日はテニスのややこしい部分を記事内で解説していきます。

ルールの基本的なことと、テレビの解説で頻繁に繰り出される専門用語をいくつかピックアップしていきます。

テニス観戦の参考にしていただき、もっとテニスに興味をもっていただけたら嬉しい限りです!

テニスのややこしいルール

ではまずはルールについての解説から始めます。

ここで解説するのは、

  • ポイントの数え方
  • タイブレーク
  • 勝敗の決まり方

この3点についてです。

1つずつ見てきましょう。

ポイントの数え方

テニスにおいてややこしい代表格に上がるのがポイントの数え方です。普通スポーツのポイントは1点、2点・・と数えていきますよね?

でもテニスは違います。

まだ1ポイントも取ってないときは「0(ラブ)」と表現し、1ポイント取れば「15(フィフティーン)」とカウントされます。

なぜいきなり15なのか?????

クエスチョンマークが頭にたくさん浮かぶと思いますが、ここはグッとこらえてこういうものなんだと覚えるしかありません。

2ポイント取れば「30(サーティ)」

3ポイント取れば「40(フォーティ)」

4ポイント取れば1ゲームの獲得です。

まとめると、

0→15→30→40→1ゲーム

となります。

途中までは15ずつ増えているのに、なぜか急に10しか増えなくなる点も非常に混乱するところですが、一説によるとこれは単に発音の問題らしいです。

フィフティーン、サーティ、と来て、フォーティファイブ、とは言いにくいということです。

だったら「~ティ」と言い切れるように「フォーティ」と短くしてしまった、、らしいです。なんか自由なルールですね。笑

 

そしてポイントのコールはサーバー(サーブを打っている人)から先にコールされます。

つまり錦織圭がサーブを打っているゲームだとして、錦織選手が最初のポイントを取れば 15-0(フィフティーン-ラブ)とカウントされます。

次も取れば 30-0(サーティ-ラブ)、次の3ポイントを相手に連取されたら 30-40(サーティ-フォーティ)になるわけですね。

で、もしカウントが 40-40(フォーティオール)になったらデュースとなり、2ポイント差が付くまでそのゲームを行います。

デュースから錦織選手がまずポイントを取ったら Adv-40(アドバンテージ・サーバー)になり、次を落としたらまた 40-40(デュース)に戻ります。

デュースから相手が1ポイント取ったら 40-Adv(アドバンテージ・レシーバー)となって次のポイントを落とすとそのゲームを失います。

つまり、40を基準に2ポイント連取すればゲームを奪えるというルールになっています。

2ポイント連取すれば、というのはバレーボールなどでも同じなので少しわかりやすいですね。

 

ここまで付いて来られているでしょうか?

結構難しいと思うので徐々に覚えていけば問題ありませんよ。

タイブレーク

続いてタイブレークについてです。

タイブレークとはその名の通りタイ(同点)をブレーク(壊す)こと。つまりテニスにおけるサドンデスだと考えてもらえればOKです。

テニスの試合は6ゲームの獲得で1セットを得られるのですが、先に6ゲーム取ればいいというほど単純ではありません。

6ゲーム取ればいいのはスコアが6-4までの時です。

5-4から次のゲームを獲得出来ずに5-5になってしまうと、6-5では決まらず7-5までそのセットは続きます。2ゲームの差を付けないと終わらないということです。

 

で、6-5から次を落とし6-6になった時このサドンデスつまりタイブレークが始まります

タイブレークは7ポイント制です。

そしてこれもポイント数が6-6となったら2ポイントの差が付くまで行います。

つまり、お互いが交互にポイントを取り続けた際は延々と試合が続くことになります。シンプルに進めば7-0や7-5でタイブレークは終わりますが、時には8-6や12-10、さらには102-100になる可能性もあるのです。

ここまで来たらもうメンタルの戦いですね。笑

 

余談ですが公式の記録では2010年の全英オープンのジョン・アイズナーVS二コラ・マウー戦で70-68というタイブレーク記録が残っています。

5セットマッチの総試合時間は11時間5分。

日没による中断を繰り返し、3日間に及ぶ試合となりました。勝ったのはアイズナー選手。

勝敗の決まり方

最後に勝敗の決まりま方です。

テニスの試合には、

  • 1セットマッチ
  • 3セットマッチ
  • 5セットマッチ

この3種類が存在し、いくつのセットを取れば勝ちになるかが変わってきます。文字通りの数のセット数試合を行い獲得セット数が多い方が晴れて勝利となります。(どちらかの勝ちが確定すれば試合は終了)

主に小学生や中学生、高校生の半分ほどは1セットマッチで大会が行われ、さらに上のレベルになれば3セットマッチを行う場合もあります。プロの試合ではグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)など大きな大会で5セットマッチが行われています。

5セットマッチともなると6時間を超える試合になることも・・!

先ほどお話したアイズナーの試合は11時間を超えていましたね。

 

上記でポイントの数え方を学びました。大雑把に言うと4ポイント取れば1ゲームになるという内容でしたね。

そしてテニスでは1セット=6ゲームが基本なので、6ゲームを獲得すると1セットの獲得になるわけです。(例外で1セット=8ゲームの場合もある)

1セットマッチなら1セットを取った方が勝ち。

3セットマッチなら2セットを取った方が勝ち。

5セットマッチなら3セットを取った方が勝ち。

 

ここはポイントの数え方よりは単純なのでわかりやすいかと思います。

テニスの専門用語

テニスの専門用語についても意味を知っておきましょう。

テレビの解説で頻繁に聞くものを挙げてみます。

  • キープ
  • ブレイク
  • ダウンザライン
  • パッシング(パス)
  • アレー
  • ベースライン
  • サービスライン

キープ

サービスゲーム(自分がサーブを打つゲーム)を取ること。

テニスはサービスゲームが絶対的に有利なスポーツなので、特にプロはサービスゲームをキープし続けることは勝利の絶対条件となります。

ブレイク

相手のサービスゲームを奪うこと。

お互いがサービスゲームをキープしていく中で先に1本ブレイクすることは大きなアドバンテージになります。

ダウンザライン

コートのサイドラインに沿った平行なストレートショットこと。

主にラインの名前ではなくショットの名前として使われます。

パッシング(パス)

相手がネットプレーをしている横を速球で抜くこと。

アレー

テニスコートの両サイドにある四角く区切られたスペースのこと。

ダブルスの時のみ使います。

 

ベースライン

コートの最も奥にあるラインのこと。

サービスライン

サービスボックスを区切るライン。

このラインよりも内側にサーブを入れなければなりません。

まとめ

テニスのルールや専門用語もややこしい部分を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

もし分かりにくい部分や他に分からないことがあったらコメントで教えてもらえると助かります!

  • ポイントの数え方
  • タイブレーク
  • 勝敗の決まり方

 

また、用語として、

  • キープ
  • ブレイク
  • ダウンザライン
  • パッシング(パス)
  • アレー
  • ベースライン
  • サービスライン

これらをお話しました。

ぜひ今後のテニス観戦やプレーの参考にしていただければと思います。

テニス四大大会(グランドスラム)の日程と歴代優勝者をまとめたよ

2017.09.02

テニスコート3種類の違いと特徴を知っておこう

2017.08.01
Sponsored Link